報道の自由度ランキングは、どう偏っているのか。


先月、フランスを拠点とするNGO「国境なき記者団」による「報道の自由度ランキング(Press Freedom Ranking 2016)」発表に数日遅れ、米国NGO「フリーダムハウス」が類似の指標である「報道の自由度(Freedom of the Press 2016)」を発表した。

■2つのランキングを比較する
国境なき記者団のランキングは日本の多くのニュース・メディアがセンセーショナルに報道したので、ご存知の方は多いと思う。先進国であるはずの日本が報道の自由度で180カ国中72位(前年61位)と低位にランクされたというニュースは、確かにインパクトがあった。

一方、同時期に発表されたフリーダムハウスの報道の自由度については日本ではあまり報道されなかったので、知らない人が多いかもしれない。

Googleトレンドのスコアではフリーダムハウスが国境なき記者団を圧倒するように、グローバルな認知度ではむしろフリーダムハウスの方が高いとも言えるのだが、日本が全体の44位というフリーダムハウスの結果は良くも悪くもない印象で、ニュースとして扱うには平凡に過ぎたのだろう。

フリーダムハウスのランキングは、ツバルやソロモン諸島等の小国を網羅し、国境なき記者団が一まとめに扱う東カリブ諸国機構(OECS)についてもその構成国をそれぞれ別個に評価していることから、実は評価対象が20カ国も多く、両者を比較するにはまずここを調整しなくてはならない。

両者がどちらもカバーする評価対象は179カ国。その中での日本の順位は、フリーダムハウスが33位、国境なき記者団は変わらず72位だ。72位 vs 44位でも印象はかなり違ったが、72位 vs 33位となれば、違いはさらに際立つ。

では、どちらかの「報道の自由度」が偏っているのだろうか?

■偏りがあるのは当たり前
「報道の自由度(ランキング)」はどちらも偏っているし、そうなるのは当然のことだと言うのが、私の見方だ。こうした定性的な評価に基づく指標には、ランキング作成者の「価値観」が必ず反映されるからだ。

両者の評価手順を比べると、NGO自身が事前に決めた基準に従い専門の分析者が評価するフリーダムハウスに対し、国境なき記者団では当該国の関係者数十名程度のアンケート結果を数式に当てはめて評価値を算出するという違いがある。設定する評価基準や数式をどう決めるか、アンケート回答者として誰を選ぶか等によって、それぞれの組織の価値観が反映される。

評価のプロセスに価値観が反映される以上、そこに相応の偏りが生まれるのは自然なことなのだが、そうした偏りは、両者の評価点の分布によく表れている。

下図では、各国の評価点の平均からの距離を標準偏差の倍率として表し、その分布を比較している。

オレンジ棒が示すフリーダムハウスの評価点は、均一に近い平たい分布だ。基準に従い専門の分析者が評価を行うやり方は、分布を平均的に散らすような調整に向いているのだろう。

他方、青棒が示す国境なき記者団の評価点は、尖度が大きめの分布だ。尖度とは、確率分布の特徴を表す指標の一つで、尖度が大きい分布は中心が鋭く尖る一方、厚く長く伸びた裾を持つ。いわゆるファットテールだ。

左右の非対称性も国境なき記者団の特徴で、低評価方向にのみテールが長く伸びている。多くの国が平均近くに集まる中、一部の低評価の国を特に低く評価した分布だと言えるだろう。平均周辺に多く集中するのは、十分に組織展開できない国ではアンケート協力者を確保しづらい、といった事情があるのかもしれない。

■国境なき記者団はアジアが嫌い?
両ランキングの相対的な偏りがより顕著に表れているのが、地域ごとの扱いの違いだ。国境なき記者団がフリーダムハウスと比べ特に厳しく評価したのは、もちろん日本だけではない。

両者の評価順位の差を相対的な厳しさの指標とすると、国境なき記者団が最も厳しく評価した国はフィリピンで、以下、インド、マリ、インドネシア、ブルガリア、イスラエル、東チモール、モンテネグロ、日本と続く。アジアの国が目立つ印象だ。

実は、二つのランキング順位の差を地域ごとに平均すると、アジア太平洋が断然、国境なき記者団が相対的に厳しい態度をとっていることが分かる。(フリーダムハウスが相対的に優しい。)

逆に、ユーラシア(ロシア等)に対しては、フリーダムハウスの方が相対的に厳しい。(国境なき記者団が相対的に優しい。)

米国のNGOがアジアに相対的に寛大で、フランスのNGOが旧ソ連地域に相対的に寛大だという傾向には、納得できる。政情や歴史的経緯、地政学的な関係等が影響しているのだろう。

表:ランキング順位差の地域別平均

ユーラシア       -14.8位(かなり優しい)
サブサハラ・アフリカ  -7.7位(優しい)
北中南米        +1.4位(ほぼ同程度)
中東・北アフリカ    +1.5位(ほぼ同程度)
ヨーロッパ       +5.7位(厳しい)
アジア太平洋      +13.8位(かなり厳しい)

注:
ランキング順位差=国境なき記者団の順位 - フリーダムハウスの順位
()内は、フリーダムハウスと比較した場合の国境なき記者団の相対評価

とは言え、地域ごとの平均がマイナス14.8位やプラス13.8位だと言われても、それがどの程度の偏りなのか、あまりピンとはこない。

そこで、これを分かりやすく見るため、179カ国の順位差の分布を所与の確率分布と見なし、ランダム抽出による出現確率をシミュレーションにより概算してみた。

結果は、ユーラシア12カ国の平均が-14.8位以下となる確率が約0.26%、アジア太平洋32カ国が+13.8位以上となる確率は約0.034%である。

どちらも、かなり低い確率だ。

■比較して分かること
このように二つの「報道の自由度(ランキング)」を比べることで、どちらが正しいか分かるかというと、そうではない。そもそも、どちらか一方が正しいというようなものではない。

日本に関して明らかに言えるのも、「誰がどのような方法で計測するかによって、同様の指標で72位にもなれば33位にもなる」ということくらいだろう。

だが、身も蓋もない言い方になるが、こうしたランキングに一喜一憂するのが如何に馬鹿らしいかということだけは、分かって頂けるのではないだろうか。

【参考記事】
■日本が先進国で最下級だという「幸福度」ランクについて、みんなが勘違いしていること。
■日本代表FW岡崎慎司のレスター優勝で賭け屋が大損した、本当の理由。
■日本がギリシャより労働生産性が低いのは、当たり前。
■軽減税率で一番損なのは誰か、分かりやすく解説してみました。
■映画『マネー・ショート』を見ていて混乱するのは、「空売り」を予習したせいだ。

日本代表FW岡崎慎司のレスター優勝で賭け屋が大損した、本当の理由。


今月2日、サッカー日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティが、イングランド・プレミア・リーグ(1部リーグに相当)を創立132年目にして初めて制覇した。一昨年まで2部リーグに所属し、7年前には3部リーグ落ちまで経験していたチームの優勝は、チーム関係者や熱狂的な地元レスターのファンたちですら思い描くことのできなかったストーリーだ。

このレスターの「奇跡の優勝」によって大きな損失を被るのが、ブックメーカーと呼ばれる賭けの胴元だ。日本では公営ギャンブルを除けば合法的に賭けの胴元にはなれないが、イギリスではまったく事情が異なる。行政に登録さえすれば、誰でも胴元になれるのだ。(ここでは「胴元」を、賭けを企画・運用する事業者等とする。)

■ブックメーカーはいくら損したのか?
胴元であるブックメーカーが負けた金額については1500万ポンド程度とする報道も多いが、全国紙INDEPENDENT(web版)の5月4日付記事は、胴元の払戻総額が2500万ポンド(約39億円)に達するだろうと伝えている。一方、AFP BB NEWS(5月1日付)によれば、大手ブックメーカーWilliam Hill は自身のレスター優勝による払戻見込額を300万ポンドとし、その場合の損失を220万ポンド程度と見込んでいる。これを平均的な水準だと考えると、総額2500万ポンドの払戻しによる業界全体の損失額はおよそ1800万ポンド(約28億円)だ。

世界一メジャーなスポーツの1シーズン通した賭けで28億円というとそれほど大きくない印象もあるが、見方を変えれば、これは数多くある賭けの企画のうちたった一つの賭けによる損失である。一つの賭けで胴元側に一方的にこれだけの損失が発生するというのは、おそらく他に例がない大事件だ。

■5001倍は美味しかったのか?
胴元が絶対に負けることのない日本の公営ギャンブル等で採用されるパリミュチュエル方式とは異なり、イギリスで広く採用されるブックメーキング方式では、胴元は常にリスクをとっている。だが、他チームへの賭け分も含めた売上総額の4倍近い払戻しが発生する状況は、さすがに誰にも想像できなかったはずだ。(パリミュチュエル方式では、賭け金の総額から胴元の取り分を差し引いた上で、残りを的中者に分配する。トータリゼータ方式とも呼ばれる。)

通常、ブックメーキング方式の胴元は、一つの企画ごとに収支が一定レベルになるよう賭け目ごとのオッズ(賭けの倍率)を設定する。英BBCが紹介した、開幕直後の途中清算によって購入額50ペンスに対し45ペンスの払戻しを受けた例から、胴元が期待する賭けの収益は売上の一割程度と考えるべきだろう。想定される優勝確率に期待収益分の調整を加え、各賭け目のオッズを適当なレベルに設定した結果、賭け金が適当に分散されれば、胴元として上手くリスクを管理できたことになる。

レスター優勝で胴元が大損したのは、端的に言えば、このリスク管理が上手くできなかったせいだ。だが、それは、開幕前に設定された5001倍というオッズが大きすぎた(=美味しすぎた)からではない。昨シーズン成績(11勝19敗8分)の「勝ち」「引き分け」「負け」の確率を前提に考えれば、5001倍は賭ける側にとっては実は“不味い”オッズなのだ。

過去のプレミア・リーグ優勝チームの中で獲得勝ち点が最も低かったのは、1997年に優勝したマンチェスター・ユナイテッドの75点なのだが、昨シーズンのレスターが38試合で勝ち点75点以上を得る確率は、数万回に1回程度にしかならない。(筆者によるシミュレーションでは、27,594回の試行で1回発生。)

では、リーグ開幕前の5001倍という“不味い”オッズではまったく売れなかったかと言うと、そんなことはないだろう。競馬等を対象とした行動経済学の研究では、オッズの大きい大穴馬券は期待値以上によく売れることが知られており、大穴バイアスと呼ばれている。“不味い”わりには良く売れたのではないだろうか。

だが、大穴バイアスやレスター・ファンの応援だけで胴元であるブックメーカーが大損したと考えるのは早計だろう。

■胴元が大損した本当の理由
優勝チーム予想のオッズは、開幕後対戦が消化されるにつれ調整される。通常、想定より成績が良ければ、オッズは徐々に縮小する。しかし、今期のレスター・シティの場合はそうではなかったらしい。

AFP BB NEWS記事等によれば、開幕前に5001倍だったオッズは、引き分けたボーンマス戦(8月29日)後に一旦2501倍と縮小した後、勝ったノーリッジ戦(10月3日)後に再度5001倍に戻っている。(図はオッズの推移を逐一示すものではない。)

実は、8試合経過後に提示されたこの5001倍は、“美味しい”オッズなのだ。ブックメーカーによるミスプライシング(誤った価格設定)である。

8試合経過した時点では、昨年の成績に8試合目までの成績を加味した「勝ち」「引き分け」「負け」の確率を前提に優勝確率を考える人なら、4600倍程度よりも大きければ十分“美味しい”オッズだ。だが、過去の戦績から確率で考える人の中には、最近の成績をより重要視する人も少なくない。仮に、今期の一試合ごとのウェイトを二倍にして上と同様のシミュレーションをすると、860倍程度がこの時点での妥当なオッズになる。これらの人たちにとっては、大きなアービトラージ(裁定取引)のチャンスである。

真に妥当なオッズは誰にも知りようがないが、8試合経過した時点の5001倍を多くの人が“美味しい”オッズと評価したのは間違いない。そして、胴元にとって誤算だったのは、その“美味しい”レスター優勝オッズが想定をはるかに超えて売れたことで、他チームが優勝する賭け目の売上とのバランスが大きく崩れてしまったことだろう。リスク管理の失敗だ。

その後の5試合でレスター・シティが4勝1分の好成績を上げたため、オッズを急速に縮小させたものの、時すでに遅し。この時点で、既に大きな評価損を認識していたのではないだろうか。

レスター・シティの優勝でイギリスの賭けの胴元が大損したのは、単に運が悪かったせいではなかったのだ。

【参考記事】
■日本が先進国で最下級だという「幸福度」ランクについて、みんなが勘違いしていること。
■映画『マネー・ショート』を見ていて混乱するのは、「空売り」を予習したせいだ。
■日本がギリシャより労働生産性が低いのは、当たり前。
■軽減税率で一番損なのは誰か、分かりやすく解説してみました。
■【日米比較】お金持ちは本当にケチなのか?