カテゴリー別アーカイブ: ノート

サンプリングの基準が変更された場合のサンプル構成の変化について。


標本調査の基本中の基本として、標本をサンプリングする基準が調査目的に照らして合理的かつ一貫しなければならないのだが、巷に溢れる統計資料の中には、ここに問題があるケースもあるようだ。また、調査自体に問題がなくとも、調査主体や報道機関等が調査結果を用いる際に、適切ではない解釈をする場合もある。

ここでは、サンプリングの基準が変更された場合のサンプル構成の変化について、「遊園地へ行く頻度」を基準として採用した場合を例に考えてみる。

推計の元になる「遊園地へ行く頻度」のデータは、インターワイヤード㈱運営のネットリサーチDIMSDRIVEによる公開テーマ別調査「『遊園地』に関するアンケート」の結果の一部を参考にした。この調査は、2010年5月に実施され、全国の男女8,164人を対象としている。

■サンプリング基準変更の影響を推計
「遊園地へ行く頻度」が、

①直近1年に2回以上行った
②直近1年に1回以上かつ直近2年に2回以上行った

の間で、どの程度違うのかを検討する。

まず、最初の表では、「遊園地へ行く頻度」の問いに対する答えのグループごとに、①と②、それぞれの条件をクリアする確率を、大雑把にではあるものの妥当と思われる水準に設定した場合に、サンプル(計300人)の構成がどう変化するのかをまとめた。

半年に一度程度以上遊園地に行くグループをA、一年に一度程度以下しか遊園地に行かないグループをBとすると、①のサンプリング基準では、標本内でのAとBの比率は 3:1程度である一方、②のサンプリング基準では、AとBの比率は 1:1程度である。


二つ目の表では、「遊園地へ行く頻度」の問いに対する答えのグループごとに、①と②、それぞれの条件をクリアする確率を、初めに推計している。推計のベースは、グループごとに設定した「任意の一週間に遊園地に行く確率」の仮定である。

先ほどと同様、半年に一度程度以上遊園地に行くグループをA、一年に一度程度以下しか遊園地に行かないグループをBとすると、①のサンプリング基準では、標本内でのAとBの比率は 2:1程度である一方、②のサンプリング基準では、AとBの比率は 1:1程度となった。

■結論
「遊園地へ行く頻度」を「①直近1年に2回以上行った」から「②直近1年に1回以上かつ直近2年に2回以上行った」に変更することで、標本内におけるグループAのグループBに対する重要度は、1/2程度から1/3程度に低下すると考えるのが妥当であろう。

統計データを時系列で眺めたりクロスセクショナルに比較する場合に、こうしたサンプリングの違いによる偏りを十分に考慮すべきことが極めて重要であるのは、言うまでもない。

海外移住時の出国税導入がいよいよ本決まりに。

日経電子版によれば、米国では2008年から導入されているいわゆる出国税が、いよいよ日本でも導入されることが本決まりになったようです。

“海外移住の富裕層に課税 税逃れ防止、15年7月導入- 政府・与党は19日、富裕層の海外移住による税逃れの防止策を来年7月に導入する方針を固めた。1億円を超える金融資産を持つ富裕層の株式の含み益に所得税などを課税する仕組みを導入する。原則、出国時に課税する。30日にまとめる2015年度税制改正大綱に盛り込む方針。”(日経電子版、2014/12/19 14:00配信)

本決まりになったとは言え、まだはっきりと分からない点が多いです。

「一億円を超える金融資産」のうち、「株式の含み益」にしか課税されないのか?

「所得税などを課税」って、所得税以外にも何か課税されるのか?

「原則、出国時に課税」で「原則」とあるのは、記事中の説明のように「一時的に住み、日本に戻る人には課税しない」ような課税しないケースがあることを言っているのか?

あるいは、「出国時」でなくても課税される可能性があるのか?

30日に発表されるらしい来年度税制改正大綱は要チェックです。

2015年前半は、金融資産10億円超のリアル富裕層の出国ラッシュが見られるかもしれませんね。

日本学生支援機構奨学金の返済猶予制度について。

ギャンブルほかに関する簡単なアンケートにご協力ください。

日本学生支援機構奨学金の返済猶予制度についてまとめてみました。

 1.在学猶予

対象:

大学、大学院、高等専門学校、専修学校に在学している場合。

適用期間:

在学期間中。

適用要件:

在学中であること。短期在学、各種学校等、一部適用除外あり。その場合は後述の一般猶予が適用可。

2.返還期限猶予(一般猶予)

適用対象:

現在返還が困難であるため、一定期間返還を待ってほしい場合。

適用期間:

通算10年(120ヶ月)まで。災害、傷病、生活保護受給中、産休・育休中、一部の大学校在学、海外派遣の場合、適用期間の制限なし。

※ 「所得連動返還型無利子奨学金」の場合、期間の制限のない「所得連動返還型無利子奨学金の返還期限猶予」制度あり。

適用要件:
  • 傷病(診断書に就労困難の記載が必要)。
  • 生活保護受給。
  • 入学準備中(在学期間終了後1年以内で、大学・大学院などに進学する準備をしている場合)。
  • 失業中(申請時に失業後6ヶ月以内かつ再就職できていない場合)。
  • 経済困難(収入がない/少ない場合。給与所得者は年収(税引き前)300万円以下、その他は年間所得200万円以下が目安)。          ※ 収入と所得の違いに注意。
  • 新卒(退学)及び在学猶予切れ等の場合の無職・未就職、低収入。
  • 外国で研究中。
  • 災害(罹災証明書が必要)。
  • 産前休業・産後休業及び育児休業。
  • 大学校在学(防衛大学校、防衛医科大学校、海上保安大学校、気象大学校、職業能力開発総合大学校、国立看護大学校のいずれかに在学の場合)。
  • 海外派遣(青年海外協力隊派遣、海外農業研修等)。

3.減額返還制度(一定期間毎月の割賦金を半分に減額しその分返還期間を延長)

対象:

災害、傷病、その他経済的理由で奨学金返還は困難だが、月次割賦金を半額に減額すれば返還可能な場合。

適用期間:

12ヶ月(半年分の割賦金を12ヶ月で返還)。最長10年間(当初割賦金の5年分)まで延長可。

適用要件:

災害、傷病、その他経済的理由により奨学金の返還が困難であること(給与所得者は年収(税引き前)325万円以下、その他は年間所得225万円以下を目安とし、被扶養者一人あたり38万円を控除可能)。

4.留意点:

返済期限猶予や減額返済は、いずれも総返済額は当初返済額と変更なし。すなわち、実質的に金利は減免される。

5.レファレンス

上記情報はすべて以下のリンク先の内容をまとめたものです。制度の詳細及び申請方法などについてはリンク先を参照してください。

在学猶予
一般猶予
所得連動返還型無利子奨学金の返還期限猶予
減額返済制度

UNSCEAR2013年報告書(日本語版)を読んでみよう。

右翼も左翼も反原発も原発推進もその他の人も、これはちゃんと読んでおくべきでしょう。嬉しい日本語版です。

主義信条に関係なく全ての人が読むべき報告書

UNSCEAR(原子放射線の影響に関する国連科学委員会)のレポート、2013年版も英語しか出ていないのかと思ってスルーしてました。以前の2010年に出た2008年版を英語で読んで死にそうに大変だったので。日本語版をちゃんと出してくれてたんですね。Voll.IIの日本語版もぜひ欲しいです。

以下は、原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)2013年報告書への直リンクです。

  • 日本語版Vol.I: メインテキスト+アネックスA(東日本大震災後の放射線被曝のレベルと影響)
  •  英語版Vol.I: メインテキスト+アネックスA(東日本大震災後の放射線被曝のレベルと影響)
  •  英語版Vol.II: アネックスB(子供への影響)

福島甲状腺検査の知られざる真実

ところで、本稿一番下に貼ってある参照の(下)の海外専門家の投稿記事を読んで、福島でやっていた甲状腺スクリーニング検査の本来の目的を初めて認識しました。恥ずかしながら。

記事にはこう書いてあります。

“今年の3月まで福島県で行われていた甲状腺スクリーニング検査は、「先行調査」といって「ベースラインの甲状腺疾患の罹患率を確認するためのもの」とされています。しかし「これまでの調査が「先行調査」とされていることを知っている人」と住民の方にお聞きしたところ、ほとんどの方が「知らない」と回答しました。”

えー、あれって(現在の)「放射線の影響を見るための検査」ではなかったんですね。 なるほど。

理解していなかったのか理解した上でなのか知りませんが、ほとんどのメディアが視聴者に誤解を与えるような報道をしていたように思います。あるいは僕の勘違い? たぶんですが、日本中のほとんどの人が誤解していた気がします。

ちなみにベースラインっていうのは、このケースでは、放射線被曝による影響がなかった場合の羅患率の経年推移の形状を意味しています。おそらく、今後セシウム由来の被曝の晩発的影響を測定するために、晩発的影響がまだ出ていない(はずの)現状をベースラインとして確認するということでしょう。

あれって、気休めの為にやっていたわけではなく、今後の統計調査に必要だからやってたんですね。合点がいきました。メディアはそんなこと言ってなかった気がしますが、どうなんでしょうか。

参照:
福島でのリスクコミュニケーションの重要性(上)放射能より恐怖が脅威(チェルノブイリ生理組織バンク所長トーマス博士)
福島でのリスクコミュニケーションの重要性(下)情報流通での科学者の責務(チェルノブイリ生理組織バンク所長トーマス博士)

Cool ‘n Easy!! Cooking TENKA IPPIN RAMEN at Your Home.

Getting a TENKA IPPIN RAMEN home package.

Get a KOTTERI (=rich) or ASSARI (=mild) or even both RAMEN pack(s) from TENKA IPPIN.  See this menu beforehand.  You can buy it at any of its restaurants as well as through its website, phone call and facsimile.

Website:  Web屋台
Phone:  0120-299-001 (Free Call in Japan)
Fax:  072-884-0578 (Japan)  Order Form

Preparing delicious RAMEN soup in a RAMEN bowl.

Put a plastic bag of soup into a deep pan with 1 to 1.5 liter boiled water and keep it boiled.  Please do not open the bag before waiting for having it hot enough.  It usually takes eight minutes or more.  Then, open the bag carefully and pour soup into a RAMEN bowl, together with black RAMEN sauce.  Stir several times to make the soup and the sauce smoothly blended.

If you have neither RAMEN bowls nor any equivalent tableware, it might be good idea to order some TENKA IPPIN original RAMEN bowls.  It costs less than USD5 and is pretty useful.

Boil RAMEN noodles quickly.

Prepare 1.5 to 2 liter boiled water in a deep pan before you finish preparing soup.  Put noodles into the boiled water and keep them boiled for 90 seconds.  While boiling, stir to avoid having them stick each other.  Drain the noodles and put them into the blended soup.

Nearly reaching TENKA IPPIN RAMEN.

Put the attached seasoning and chopped spring onions onto RAMEN as you like.  You can also enjoy RAMEN with boiled eggs, barbecue pork, chicken, ham, etc.

Enjoy TENKA IPPIN at your home!!!

Note:

– Any contents of this page is not authorized by TENKA IPPIN.
– Ramen packages may not be sent abroad for some reasons, e.g. due to quarantine regulations.

 

ギャンブル損益への課税ルール(米国)

米国のギャンブル損益への課税について、IRS Tax Topicsより抜粋。

Topic 419 – Gambling Income and Losses
The following rules apply to casual gamblers. Gambling winnings are fully taxable and must be reported on your tax return. Gambling income includes, but is not limited to, winnings from lotteries, raffles, horse races, and casinos. It includes cash winnings and also the fair market value of prizes such as cars and trips. For additional information, refer to Publication 525Taxable and Nontaxable Income.
A payer is required to issue you a Form W-2G (PDF), Certain Gambling Winnings, if you receive certain gambling winnings or if you have any gambling winnings subject to federal income tax withholding. All gambling winnings must be reported on your Form 1040(PDF) as “Other Income” (line 21), including winnings that are not subject to withholding. In addition, you may be required to pay an estimated tax on your gambling winnings. For information on withholding on gambling winnings, refer to Publication 505Tax Withholding and Estimated Tax.
You may deduct gambling losses only if you itemize deductions. However, the amount of losses you deduct may not be more than the amount of gambling income reported on your return. Claim your gambling losses on Form 1040, Schedule A (PDF) as an “Other Miscellaneous Deductions” (line 28) that is not subject to the 2% limit. A nonresident alien of the United States cannot deduct gambling losses on Schedule A of Form 1040NR (PDF).
It is important to keep an accurate diary or similar record of your gambling winnings and losses. To deduct your losses, you must be able to provide receipts, tickets, statements or other records that show the amount of both your winnings and losses. Refer toPublication 529Miscellaneous Deductions, for more information.
If you are considered a nonresident alien of the United States for income tax purposes and you have to file a tax return, you must use Form 1040NR. Refer to Publication 519U.S. Tax Guide for Aliens, and Publication 901U.S. Tax Treaties, for more information.
Page Last Reviewed or Updated: August 19, 2014”

DSM-5 Diagnostic Criteria: Gambling Disorder

DSM-5 Diagnostic Criteria: Gambling Disorder

A. Persistent and recurrent problematic gambling behavior leading to clinically significant impairment or distress, as indicated by the individual exhibiting four (or more) of the following in a 12-month period:

1.Needs to gamble with increasing amounts of money in order to achieve the desired excitement.
□ より強い興奮を得るために賭け金を増やしてしまう。
2.Is restless or irritable when attempting to cut down or stop gambling.
□ ギャンブルを減らしたりやめたりすると落ち着かなかったり苛々したりする。
3.Has made repeated unsuccessful efforts to control, cut back, or stop gambling.
□ ギャンブルを抑えよう、減らそう、あるいはやめようと何度も努力したけど失敗した。
4.Is often preoccupied with gambling (e.g., having persistent thoughts of reliving past gambling experiences, handicapping or planning the next venture, thinking of ways to get money with which to gamble).
□ ギャンブルにとらわれている。
5.Often gambles when feeling distressed (e.g., helpless, guilty, anxious, depressed).
□ 悩みや嫌な気持ちを解消する手段としてギャンブルをする。
6.After losing money gambling, often returns another day to get even (“chasing” one’s losses).
□ ギャンブルで失ったカネを取り返そうと、後日さらにギャンブルをしてしまう。
7.Lies to conceal the extent of involvement with gambling.
□ ギャンブルにのめり込んでいるのを隠そうと嘘をついてしまう。
8.Has jeopardized or lost a significant relationship, job, or educational or career opportunity because of gambling.
□ ギャンブルで大切な人間関係や仕事・学校などに危険が生じた、あるいはそれらを失った。
9.Relies on others to provide money to relieve desperate financial situations caused by gambling.
□ ギャンブルでお金が足りなくなり、誰か人にお金を助けてもらった、あるいは助けてもらおうとした。

B. The gambling behavior is not better explained by a manic episode.

Specify if:
Episodic: Meeting diagnostic criteria at more than one time point, with symptoms subsiding between periods of gambling disorder for at least several months.
Persistent: Experiencing continuous symptoms, to meet diagnostic criteria for multiple years.
Specify if:
In early remission: After full criteria for gambling disorder were previously met, none of the criteria for gambling disorder have been met for at least 3 months but for less than 12 months.
In sustained remission: After full criteria for gambling disorder were previously met, none of the criteria for gambling disorder have been met during a period of 12 months or longer.
Specify current severity:
Mild: 4–5 criteria met.
Moderate: 6–7 criteria met.
Severe: 8–9 criteria met.

Source:

  •  DSM-5 Diagnostic Criteria: Gambling Disorder, Section 312.31,  the Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, 5th Edition,
  • May 2013.
    宮岡ほか,「病的ギャンブリング(いわゆるギャンブル依存)の概念の検討と各関連機関の適切な連携に関する研究」, 2012.